CRO事業採用情報:クインタイルズ

お知らせ

「認知症サポーター養成講座」を、当社臨床開発事業本部の全国事業所で世界アルツハイマー月間に向けて実施

「認知症サポーター養成講座」を、当社臨床開発事業本部の全国事業所で世界アルツハイマー月間に向けて実施
~約450名が、認知症サポーターに~

認知症は誰にとっても身近な社会的課題となりつつありますが、私たちクインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン(株)臨床開発事業本部では、まずは“自分ごと”として一人ひとりの社員が認知症を正しく理解し社会において役立てる人材となることを目指し、2017年年初から全国主要事業所にて「認知症サポーター養成講座」を開催してまいりました。
そしてこの度、“世界アルツハイマーデー”である2017年9月21日時点で、約450名の当事業本部の社員が講座を修了し認知症サポーターとなりました。
講師としてご協力頂きました全国の「認知症サポーターキャラバン」のボランティアの皆様には改めまして深く御礼を申し上げます。

「認知症サポーターキャラバン」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000089508.html

私たちクインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン(株)臨床開発事業本部では、常に「For the patient」をモットーとしており、患者様や患者様のご家族の方々のお気持ちを理解することが、私たちの事業を遂行する上で何よりも大切なことであると考えています。
養成講座の受講を通じて認知症のことを学ぶこと、そして認知症サポーターになるというこの一歩が、患者様のためにつながる大きな一歩となることを
信じ、これからも私たちは「For the patient」を胸に前進してまいります。

一覧に戻る