CRO事業採用情報:クインタイルズ

CROの仕事インタビュー

先輩達からの声

R.H.R.H.

クリニカルオペレーション統括部
CRA

Y.S.Y.S.

CDM

A.S.A.S.

クリニカルオペレーション統括部
アソシエイトマネージャー

K.N.K.N.

クリニカルオペレーション統括部
アソシエイトマネージャー

R.H.R.H.

クリニカルオペレーション統括部 CRA
理系生物系院卒業。新卒入社3年目。

CRA2

循環器領域のグローバル試験に携わっています。

担当業務のやりがい

自身が主導となり、医師と依頼者の双方の見解を理解した上で協議を実施し、円滑に試験を進めることができた際にやりがいを感じます。CRAにとって大切なことは、医師と依頼者の間に入り、信頼関係を構築することだと考えています。仕事上で信頼関係を築くことは難しく、コミュニケーションを取る上でも伝え方をひとつ間違えば、簡単に崩れていくものです。なかなか上手くいかないこともありますが、全員が納得する意見にたどり着いたときに、3者が「患者さまのため」を第一に考えていることを痛感します。もちろん、最終的には担当している治験薬が規制当局に承認され、お薬として患者さまの手元に届くことが、最も大きなやりがいだと思います。

クインタイルズを選んだ理由

グローバル試験を通じて日本だけに留まらず、全世界へ向けて社会貢献ができる企業だと感じたことが1番の理由です。学生時代はマウスを用いた神経変性疾患の治療研究に取り組んでおり、その課程で医薬品を通じた医療への貢献に興味を持ち始めました。ドラッグラグや不正などの問題が多い中、1人でも多く、また1日でも早い医薬品開発に取り組んでいるクインタイルズが魅力的に感じたこと、また英語を含め多種多様なスキルが求められる職場環境であり、自身の成長へも繋がるのではないかと思い、入社を決意致しました。

入社前と入社後のギャップ

良い点は、外資系企業ということで、社員同士がドライな関係であるという偏見を持っていましたが、実際は先輩やマネージャーとの距離が近く、話しかけやすい・相談しやすい環境にある点です。業務外でもフットサルやテニスなどクラブ活動が盛んであり、普段の業務では関わらないような方々と交流できることも良い点です。

悪い点は、入社前は外勤が多い印象でしたが、想像以上に内勤作業が多いと思いました。治験関連文書の作成、報告書の作成、資料の送付、会議への参加など様々な業務があります。英語表記のシステムの使用や、使ったことのないWord/Excelの機能を使用するため、慣れないうちは時間がかかりました。

クインタイルズに来て一番良かったこと

多くの「人」と関われることです。社内では約80名の同期と出会え、仕事の相談をしたり、時には冗談を言い合うことで力をもらっています。上司や先輩・後輩と飲みにいくこともあり、仕事の良い息抜きになっています。またCRAとして施設へ訪問すると、全国各地の色々な先生方、治験コーディネーターの方々と出会うことができ、貴重なお話を伺うことができます。患者さまと直接関わることができない仕事ですが、様々な人と関わることで新薬が出来上がっていくことを実感し、毎日の励みになっています。

今後について

まだまだCRAとしての経験が浅いため、これから様々な疾患やプロジェクトを経験したいと思います。その上で、今までは先輩社員から教わることが多かったため、今後はその教わったスキルや自身の経験を後輩に伝えていきたいと考えています。

Y.S.Y.S.

CDM
薬学部院卒業。中途入社4年目。

Associate Clinical Data Manager, CDM Unit 4 Manager

海外の顧客が日本で実施する治験や国内の顧客がグローバル試験を実施する際のデータマネジメント業務のリードを行っています。

転職のきっかけは?

前職でデータマネジメント部門がクローズになったことをきっかけに、グローバルな環境で多様なプロジェクトを経験できる当社への転職を決めました。

クインタイルズを選んだ理由

世界におけるCROの最大手で働くことで、知識や経験の幅を拡げたいと考えました。社内外を問わず、海外のチームメンバーと協力して業務を進めることで、自分の経験や考え方の幅を拡げることができる点にやりがいを感じています。

入社前と入社後のギャップ

意思決定がプロジェクトリードに任されているため、自律的・能動的に仕事が出来る良さがあります。一方で、考えていたよりもローカルで動くことが多いのがギャップでした。

クインタイルズに来て一番良かったこと

製薬業界において最新の治験実施モデルであるRisk Based Monitoringを適用したプロジェクトを担当し、実際に2本の治験を立ち上げ、運用を行うことが出来た点が一番良かった事です。

今後について

社内においては海外との橋渡しを進め、より強固で柔軟性に富んだ組織に変えていきたいと考えています。クインタイルズは製薬業界の中でも、最先端の考え方やプロセスを積極的に取り入れている企業です。ここでの経験を社外にも共有し、業界全体の発展とクインタイルズのプレゼンスの向上に寄与したいです。

A.S.A.S.

クリニカルオペレーション統括部
アソシエイトマネージャー
医療系(検査系)大学卒業。中途入社8年目。

Associate Manager

傘下のCRAの担当にはオンコロジーのグローバル試験、糖尿病性腎症、希少疾患、アルツハイマーなどがあります

担当業務のやりがい

分からないところがわかるようになる、業務で大変な際に打開する方法を一緒に考えるなど、成長していく様子を身近にみれるところです。

転職のきっかけは?

前職は他CROにてCRAをしておりましたが、仕事にやりがいを感じたいと思い転職しました。

クインタイルズを選んだ理由

規模が大きくたくさんの機会に恵まれていると感じ、魅力を感じました。

入社前と入社後のギャップ

良い点は個人の裁量が大きく、自身で調べ、予定を立て、実施することが出来、任せてくれる点。またフレキシブルである点。悪い点としては、個人の裁量が大きいので、放任主義でありすぎるときがあることです。

クインタイルズに来て一番良かったこと

多彩な働き方や、業務へのかかわり方があり飽きることがありません。

今後について

傘下CRAを通して、疾患や業務の知識を増やして、様々な見方ができるようになっていきたいです。

K.N.K.N.

クリニカルオペレーション統括部
アソシエイトマネージャー
薬学部院卒業。新卒入社9年目。

クリニカルオペレーション統括部 アソシエイトマネージャー

CRAの育成、リソースおよびQuality管理。

担当業務のやりがい

CRAそれぞれが様々な考え方ややり方で仕事に取り組んでいます。 その中で一人前のCRAになるために、CRA個々を尊重した上で、いかにCRAとして、チームとして成長できるかを考えてCRAを育成・Managementしています。 その成果は簡単に数字や業務などに表れてくるわけではありませんが、だからこそ成長を感じれたときに自分の存在意義を感じることができています。 また、CRAの成長を感じる中で自分自身も一緒に成長できていることを実感できることもやりがいの一つだと考えています。

クインタイルズを選んだ理由

私はモニターとして新卒で入社しましたが、単純にモニターとして多くの知識や経験を吸収しどんな疾患でも試験でも対応できる能力・柔軟力をつけたいと考えたからです。
実際にクインタイルズに入社し、様々な試験を経験することで豊富な治験や経験を身につけることができ、今も成長できていると感じています。

入社前と入社後のギャップ

良い点としては、考えていた以上に風通しのいい職場で、新卒で入社した時から自分が考えていることや思いを先輩や上司に伝えることが出来ていましたし、仕事場もギスギスした雰囲気もなく個々だけではなくチームとしても仕事をしていると感じました。
改善すべき点として考えられるのは、様々な研修が用意されているのに手順が不明瞭で会社としてそれを生かしきれていないことだと感じています。

クインタイルズに来て一番良かったこと

仕事面でもプライベート面でも、時には相談し時には刺激し合えるよい仲間にめぐりあえたことです。どんな人でも仕事に対してネガティブに考えてしまったり、モチベーションがあがらなかったりすることがあると思います。
私もそう感じてしまうことがありましたが、そんなときにお互いを刺激し合える仲間がいたことで乗り越えていくことができました。そんな仕事でのいい関係がプライベート面での交流に結びついてると思っています。

今後について

私はManagerとしての経験はまだ少なくまだまだ日々勉強中です。まずは、会社の経営方針や考え方などを私自身がより理解した上で、会社やチームが良くなるように考えながら仕事ができるManagerを目指していますし、個々の成長だけでなく会社・チームを成長させられる、そんなManagerになりたいと考えています。