CRO事業採用情報:クインタイルズ

CROについてすべては患者さまのために

CRO事業トップより - すべては患者さまのために(3/3)

品川 丈太郎品川 丈太郎

プロダクト・ディベロップメント・サービス
臨床開発事業本部長
臨床医、外資系製薬企業4社を経て、クインタイルズ入社。外資系製薬企業ではCRAやCTLから、薬事、メディカルアフェアーズ、マーケティングを歴任し、クインタイルズではCRO事業全体を統括。

”For The Patient“ すべては患者さまのために
「なぜCRO業務に携わるのか」

医薬品開発がさまざまな変化、新たなニーズの発生を経験する中、私たちクインタイルズは成長を続け、日本のスタッフの規模は約7年で約3倍となるなど急激に拡大しています。その中で、臨床試験の現場の仕事は単純で簡単なものではなく、毎日がチャレンジの連続であるはずです。その中で「なぜCRO業務に携わるのか」という問いを抱えることもあるかと思います。クインタイルズはその答えとして、「For The Patient」、つまり「すべては患者さまのため」という言葉を掲げています。

我々は医療従事者であり、「For The Patient」という意識を持ち続ける必要があります。そのために、クインタイルズのPDS事業部(CRO事業部)では部内広報担当を通じて社内活動に力を入れています。

その活動の一つとして特徴的なものが、直接患者さまの声を聞く機会を設けるというものです。たとえば、Ⅰ型糖尿病のお子さんを持つ親御さんをお迎えして、その病気の辛さ、患者さまのご経験を語っていただく。また、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者さまに講演していただくといった企画によって、社員たちに病気で苦しむ患者さまの存在を意識してもらいます。そうした機会を、エリアごとのPSD事業部総会などに設けることで、社員たちは自身の仕事を見つめ直し、考え直すことができていると思います。

こうした活動は今後も続けていきたいと思っており、様々な患者さまの声を聞く機会をもっと増やしていこうと考えています。
他にも、毎月部内で発行しているニュースレターでも、病気を身近に感じられるような記事を作成するなどの工夫も続けています。これらの取り組みはすべて、病気の辛さを真に理解し、その事実に対して自分たちはどんな貢献ができるのかということを常に考え、思いを社員全員で共有したい、という考えから行っているものです。

規模拡大と意識向上のバランス

クインタイルズは約7年で約3倍という規模に拡大しましたが、急激な拡大が原因となって社員たちが業務を機械的な流れ作業ととらえてしまうことがあってはいけません。例えば、臨床試験はGCPを守ればいい、承認のためには医師からサインをもらえばいい、などと考えてしまうことは大変危険です。臨床試験という仕事は、そのような単純なものではありません。
常に「For The Patient」の意識を持ち続けることが大切ですし、社員たちにその意識がなければ企業として健全に成長することは不可能です。医薬品開発の領域を拡大する、再生医療にチャレンジする、医療機器事業をスタートさせるといった「ハード面」の施策と同時に、社員の意識向上という「ソフト面」も重視しなければ、健全な成長にはならない。それが私の考えです。

キャリアアップの機会創出

クインタイルズは、従来の強みであった領域の急拡大に加えて、コンサル部門や再生医療部門、医療機器部門など新しい事業領域も拡大しています。研究所と工場を持たない以外は製薬企業とほぼおなじフルファンクションを有しており、多くのタレントを必要としています。

規模の拡大の中にあって私たちが重視しているのは、組織づくり、適切なポジションへの適切な人材登用です。
クインタイルズは現在、グローバルだけでなく日本でもトップクラスの規模のCROとなっているわけですから、あらゆる階層で業界で最高の機会提供が出来るようになって来ています。
例えば新卒採用では現時点でも既に業界最大規模の採用数になっています。事業の成長により若い社員たちのキャリアアップの機会も増加しています。CRAのキャリアプランに関しては、直属の上司であるラインマネジャーの細やかなサポートを受けながらチャンスを模索できる仕組みになっており、意欲のある社員は積極的にチャレンジできる環境となっていると思います。

マネジメントレベルに関しても、各部門の人員増加に合わせた健全な人数の管理職が新たに必要となります。管理職登用の際にはマネジメントポジションにふさわしい人材を抜擢することも心がけています。能力を認められている人材が適切に配されていることが社内に明確に伝わっていることで、社員ひとり一人が納得できる組織体制は実現します。そして、管理職をロールモデルとして次の世代がキャリアアップを図れるという効果も生まれると思います。
部門責任者に関しては業界のトップタレントと呼べる人材を採用できていますし、一方で新卒プロパー入社の層も経営層一歩手前まで成長してきています。

"For The Patient"すべては患者さまのために 「すべては患者さまのために」という意識を持ちながら、意義ある仕事を担いたい。キャリアアップのチャンスがあふれる環境で、ハイレベルなスペシャリストと共に働きながら成長を目指したい。そんな思いを、クインタイルズで実現していただきたいと思います。